BLOG ブログ

テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドラインが改定されました

新型コロナウィルス感染拡大により、オフィスに出勤せずにテレワークができる環境を整えていく事が求められています。そのような中で2021年3月25日に「テレワークの適切な導入及び実施のためのガイドライン」が改定されました。

<厚生労働省:テレワークの適切な導入及び実施の推進のためのガイドライン>
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/shigoto/guideline.html

業種によってテレワークを導入しやすいかどうかに差がありますが、まず一度は確認しておきたい内容です。そして導入に当たっては、目の前で一緒に働くのと離れてお互いに見えない場所で働くのでは何が異なるのかをしっかり整理し、必要な事について定め運用していかなければなりません。

今回の改定の案内はボリュームが多く、それほど国がテレワークの導入を進めて欲しいというメッセージを込めていると思います。いくつかの記事に分けてガイドラインの内容についてご紹介したいと思います。

そもそもテレワークって何?

「テレワークを推進していきましょう!」という言葉はよく耳にするものの、そもそも「テレワーク」が何かがわからないと検討ができません。ガイドラインではテレワークの種類を3つに分けて説明しています。

テレワークの形態(業務を行う場所に応じたテレワークの特徴)
①在宅勤務
通勤を要しないことから時間を柔軟に活用する事が可能となり、仕事と家庭生活との両立に資する

②サテライトオフィス勤務
自宅近くや通勤途中の場所等に設けられたサテライトオフィスでの勤務は、通勤時間を短縮しつつ、作業環境の整った場所で就労可能

③モバイル勤務
労働者が自由に働く場所を選択できる、外勤における移動時間を利用できる等、働く場所を柔軟にすることで業務の効率化を図ることが可能

また、他にも「ワーケーション」についても、情報通信技術を利用して仕事を行う場合はモバイル勤務とサテライトオフィス勤務の一形態として分類されるともされています。「ワーケーション」とは「ワーク(仕事)」+「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語です。

忙しくて休みが取れず旅行に行けない…、という人もワーケーションを含むテレワークが普及する事で減っていく可能性は十分に考えられます。

まずはどのような形態のテレワークが合うかの検討を

「テレワーク=在宅勤務」というイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、上記でご説明した通りテレワークにはいくつか種類があります。それぞれ働き方が異なりますので、自社に合うテレワークを導入する事が重要です。他社がやっているから…と周りに合わせて導入してもなかなか上手くいきません。

ではそれぞれのテレワークの形態はどんな観点から選んでいくと良さそうでしょうか?良い点に注目してみると以下の事が考えられます。

①在宅勤務
今まで職場で行っていた仕事を自宅でやる事になりますので、在宅勤務の導入で何よりも変わるのは「通勤時間削減により時間を確保できる」という点です。
・育児や介護等仕事と家庭の両立がしやすくなる
・時間を確保できる事によるプライベートの充実
・通勤による時間、疲労、手当を減らすことができる

ワークライフバランスと言われますが、1日24時間という限られた時間の中で例えば往復2時間の通勤時間を、家庭やプライベートの事に充てる事ができたら嬉しいですよね。また、休養や睡眠時間にできれば疲労が軽減され、もっと仕事を頑張ろうという気持ちになれるでしょう。


②サテライトオフィス勤務
オフィスという言葉があるように職場で働く事自体は変わりませんが、今までの職場とは異なる場で働く事で以下のような効果が考えられます。
・今までのオフィスと異なる場、異なる人と働く環境になり改めて新鮮な気持ちになれる
・シェアオフィスのような場では、他の会社や従業員等との交流が生まれ従業員が刺激を受ける
・思いがけぬ繋がりが生まれ他社とコラボレーションの事業が生まれる

特に都市部に元々会社がある場合、上記の内容が当てはまると考えられます。今まで考えた事もない業種と協業というのは、このような予定していない出会いから始まったりするのかもしれません。

③モバイル勤務
・サテライトオフィスと異なりある意味どこでも職場なので、予定に合わせて仕事がしやすい
・営業等元々外回りが多い業務は不必要にオフィスに戻る事が求められない
・他のテレワーク以上にITツールの活用が求められ、会社の環境整備が進むとともに、従業員のITスキルが向上する

職種的に外回りとかお客様への訪問が多く、内勤のウェイトが低い仕事は元々モバイル勤務をしていた状態だったと思います。しかし、他の部署の人等から職場で仕事をしない事をネガティブに見られる事もありますので、きちんとルールに基づき働いているという説明ができるようになります。

テレワークをやらない会社は相対的に魅力が失われていく…

今回は良い面ばかりに着目してテレワークの形態について検討してみましたが、もちろんマイナス面も考えて検討していく必要があります。いずれにしてもテレワークの導入は一度検討すべき事であり、またテレワークができるにもかかわらず導入しない会社は他社と比較した際の魅力が低下し、結果、柔軟な働き方をしたいという考えの人を採用できない、あるいは在職者が離職していく事になるでしょう。

そして、新型コロナウィルス対応の一環としてテレワークを積極的に推進している会社は、従業員の命や健康を考えてくれている、変化に柔軟に対応しようという姿勢がみられるといった前向きな評価がある一方で、対応しない会社の魅力は相対的に低くなっています。この差は今後さらに開いていくものと思われます。

いずれにしても今求められているのは、テレワークを導入できるかどうかは別にして、まず一度導入の是非を考え、できる事があればまずはやってみるという姿勢です。もし未検討であればぜひ考えてみていただければと思います。

CONTACT
お問い合わせ

人事労務などのお悩みを
しっかり解決します。
以下のフォームから
お気軽にお問い合わせくださいませ。