BLOG ブログ

熱中症に注意しましょう!

8月に入りいよいよ夏本番です。連日30度を超える暑い日が続いております。この時期どんなお仕事でも注意したいのが熱中症です。

仕事のみならずプライベートにおいても、熱中症対策はとても大事ですので従業員の皆さんへの周知をしていただきたい内容です。

熱中症になる環境

高温多湿な環境に長くいると、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、最終的に体温調節機能が正常に機能しなくなる結果、体内に熱がこもり熱中症となってしまいます。

直射日光が当たる場所に限らず、日が当たらない場所であっても熱中症になるので屋内であっても注意が必要です。

多くの方の平熱は36度半ば程度だと思いますが、高温多湿な環境にいる事で体温が上がっていきます。平熱よりも体温が高いと私たちは辛いので、体温が上がりすぎないように体温をコントロールしてくれています。

どのようにコントロールをしているかというと、暑い環境にいると汗をかき、その汗が蒸発する時に気化熱が生じ、私たちの体温を奪い体温が上がりすぎないようにしています。

しかし、この体温調節機能が頑張りすぎてしまうと、オーバーヒート状態になり最終的には自分で体温を下げられなくなってしまうのが熱中症です。

これらの症状があれば注意!

熱中症は程度によって症状が異なりますが、以下の状況の場合注意が必要です。
・めまい、立ち眩み、手足のしびれ、筋肉の痙攣、気分が悪い
・頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

これらの症状はまだ軽症段階ですが、この段階で適切な対応をすることで悪化を予防しなければなりません。涼しい場所に移動し、体を冷やすとともに、水分や塩分を摂取するようにしましょう。

外国人の方にもきちんと説明を

近年日本では外国人労働者や技能実習生が増加しており、日本の職場で良く外国人の方を見かけるようになりました。

安全衛生面において日本語でコミュニケーションが取れない為、いっそうの対応や配慮が求められると言えます。

厚生労働省が作成している熱中症の資料は、日本語以外の多言語に対応しております。これらの資料もぜひご活用いただければと思います。

<厚生労働省>
熱中症予防のための情報・資料サイト
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/nettyuu_taisaku/

熱中症の症状、予防法、対処法等についてのリーフレット(日本語)
https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/nettyuu_taisaku/pdf/necchushoyobou/necchushoyobou.pdf

CONTACT
お問い合わせ

人事労務などのお悩みを
しっかり解決します。
以下のフォームから
お気軽にお問い合わせくださいませ。